申し訳ございません。
このサイトはお使いのブラウザに対応しておりません。
別のブラウザをご利用ください。

blog

home blog WordPressを導入したら、まずやりたいこと3つ

WordPressを導入したら、まずやりたいこと3つ

WordPressを導入したら、まず最初にやっておきたいことを3つご紹介します。

必ず設定しなければいけない!というわけではありませんが、重要なものもありますので、必要に応じで設定してください。

目次

  1. 基本的な設定
    1. 一般設定
    2. ユーザープロフィール設定
    3. パーマリンク設定
  2. テーマ
    1. デフォルトのを使う
    2. 自作する
    3. WordPressでインストールする
    4. 外部からダウンロードする
  3. プラグイン
    1. BackWPup
    2. Broken Link Checker
    3. Contact Form 7
    4. SiteGuard WP Plugin
    5. Websub/Pubsubhubbub
    6. WordPress Ping Optimizer
    7. WP Fastest Cache
    8. WP Multibyte Patch
    9. XML Sitemaps
  4. まとめ

基本的な設定

まずは基本的な設定から見ていきます。

一般設定

1、管理画面にて[設定]→[一般]へ。

2、必要な項目を設定します。私がよくいじるは以下の項目。

  • サイトのタイトル:WordPress導入の際に入力していればそのままでOK
  • キャッチフレーズ
  • WordPress アドレス (URL)、サイトアドレス (URL) :基本的には触りませんが、SSLを設定している場合は、「https://~」になっているか確認。なっていなければ設定します。
  • サイトの言語:日本語
  • 日付形式:投稿で表示される日付の形式。お好みで。

3、[変更を保存]をクリックして完了。

ユーザープロフィール設定

初期設定ではユーザー名がブログ上の表示名になっているので変更します。

1、管理画面にて[ユーザー] →[プロフィール]へ。

2、[ニックネーム (必須)]を好きなものに変更。

3、[ブログ上の表示名]のプルダウンから設定したニックネームを選択。

4、[プロフィールを更新]をクリックして完了。

パーマリンク設定

1、管理画面にて[設定]→[パーマリンク]へ。

2、お好みで選んでください。私は[投稿名]にすることが多いです。

この設定に従って、投稿記事のURLが決まります。SEO的には後から変更しない方がいいので、最初にちゃんと決めておきましょう。

3、[変更を保存]をクリックで完了。

テーマ

テーマとはWebサイトのデザインや構成を決めるテンプレートです。

誰かが作ったのをインストールしたり、自分で作成することも可能です。

デフォルトのを使う

1番簡単なのはデフォルトで入っているテーマを使うことです。

デザインが気に入れば、そのまま何も設定しなくても大丈夫です。

自作する

テーマを自作することもできますが、初心者の方が作るのはかなりハードルが高いと思います。

どうしても自分の考えたデザインにしたい場合は、クラウドワークスなどを利用して、知識のある人に作ってもらうのも一つの手です。

WordPressでインストールする

デフォルト以外にも、たくさんのテーマが用意されていて、簡単にインストールすることができます。

1、管理画面にて[外観]→[テーマ]へ。

2、[新規追加]をクリック。

3、好きなデザインのテーマが見つかれば[インストール]をクリックし、その後[有効化]します。

外部からダウンロードする

外部サイトでは高性能なWordPressテーマを配布していることがあります。

有名なのが「Cocoon」というテーマです。

ここでは詳しく解説しませんが、便利な機能・必要な機能がたくさん備わっていてオススメです。

私が初めてWordPressサイトを作った時に使用したテーマもCocoonです。

Cocoon | WordPress無料テーマ にでダウンロードが可能です。

プラグイン

プラグインとは、WordPressをカスタマイズするための拡張機能のことです。

とても便利なものですが、あまり入れすぎるとページの表示速度が下がったり、セキュリティ面でもリスクが高くなりますので注意が必要です。

以下に私がよく使うもの、使ったことのあるものを少しご紹介しますが、ここに書いてある以外にもプラグインは山ほどあります。

作るサイトによって必要なプラグインも変わってくると思うので厳選しつつ、1つの目安として10個くらいに収まるようにインストールしてみてください。

BackWPup

目的:定期的な自動バックアップ

設定:有効化の後、[BackWPup]→[新規ジョブを追加]から新規のジョブを作成します。以下は例です。

1、一般

  • ジョブ名:任意の名前(例:週1バックアップ)
  • ジョブタスク:[データベースのバックアップ][ファイルのバックアップ][インストール済プラグイン一覧]にチェック
  • アーカイブ名:初期設定のまま
  • アーカイブ形式:Zip
  • バックアップファイルの保存方法:[フォルダーへバックアップ]
  • ログファイル:初期設定のまま

2、スケジュール

  • ジョブの開始方法:[wordpressのcron]
  • スケジューラーの種類:[基本]
  • スケジューラー:好きな時間で(例:毎週日曜日3:00)

3、宛先

  • バックアップを格納するフォルダー:初期設定のまま
  • ファイルを削除:好きな数で(多すぎるとサーバーが圧迫されるので注意)

4、[BackWPup]→[バックアップ]でバックアップ一覧が表示されるので、[ダウンロード]をクリックでzipファイルをダウンロードできます。

Broken Link Checker

目的:リンク切れチェック

設定:有効化の後、任意で設定の変更が可能です。以下は例です。

1、一般設定

  • 各リンクをチェック:168時間ごと
  • メールで通知:[新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取る]にチェック
  • リンクの調整:全てにチェック
  • 提案:[リンク切れに代わるものを提案する]のチェックを外す

2、高度な設定

  • リンクモニター:[バックグラウンドで1時間ごとに実行する]のチェックを外す

Contact Form 7

目的:問い合わせフォームの作成

設定:(別記事での解説を予定しています。)

SiteGuard WP Plugin

目的:セキュリティの向上、不正ログインの防止

設定:有効化するとログインページURLが変更され、[ユーザー名またはメールアドレス][パスワード]の入力に加えて、ひらがな4文字を入れるシステムに変わります。

Websub/Pubsubhubbub

目的:クローラーに早く来てもらう

設定: 有効化するだけでOK

WordPress Ping Optimizer

目的:Ping送信を最適化(記事公開時のみPing送信)しスパム扱いされないようにする

設定: 有効化の後、任意で設定の変更が可能です。以下は例です。

  • Separate multiple service URIs with line breaks:Ping送信先を入力(※時々Ping送信先リストを更新する必要があるので、「PING送信先 最新」などで検索してみてください)
  • Limit excessive pinging in short time:PING送信の間隔を変更できます。デフォルトでもOKです。

[Save Settings]で保存。

WP Fastest Cache

目的:キャッシュの使用で表示速度を高速化

設定:まず設定の[Language]で[日本語]を選択し[Submit]、とすることで日本語で設定を進めることができます。以下は例です。

  • キャッシュ:プラグインのキャッシュを有効化させるためにはチェック必須。
  • 先読み:キャッシュを自動で生成。 [ホームページ][投稿][カテゴリー][固定ページ][タグ]にチェック 。
  • ログインユーザー:ログインユーザーに対してキャッシュを表示しない。
  • モバイル:テーマによっては、チェックをしないとデザインが崩れたり不具合が起こることもある。
  • 新規投稿:新しく投稿した時にキャッシュを削除。[Clear All Cache]を選択
  • Update Post:更新した時に キャッシュを削除。

WP Multibyte Patch

目的:日本語に関する修正など

設定:有効化するだけでOK

XML Sitemaps

目的:サイトマップ送信の自動化

設定: 有効化の後、変更を行います。以下は例です。

※「XML Sitemaps」の検索でプラグインが見当たらない場合は「Google XML Sitemaps」(以前の名称)か、投稿者名「Auctollo」で検索。

1、基本的な設定

  • デフォルトのチェックはそのまま。
  • [HTML形式でのサイトマップを含める]だけチェックを外す。

2、投稿の優先順位

  • [優先順位を自動的に計算しない]を選択

3、 [設定を更新]をクリックして完了。

4、「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL: https://~」と表示されているのを、Google Search Consoleで登録。

まとめ

いかがでしたか?

なんだかやることが多いように思えたかもしれません。

ですが後回しするより先にやっておいた方がいいと思うので、最初だけちょっと大変ですががんばりましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。